カーポートの有る無しで日常生活は大きく違います。

夢の一戸建て住宅を手に入れ、さらにカーポート付きとなると大変リッチな印象を与えるのではないでしょうか。しかし、カーポートにはメリットもありますがデメリットもあります。メリットは屋根がありますので当然、車の乗り降りや荷物の出し入れの際は雨に当たることもなく、車の汚れも比較的少なくて済みます。特に鳥の糞害に悩むこともありません。また真夏でも車内温度が抑えられます。冬は霜が降りることもありません。逆にデメリットですが、まず柱が邪魔になり、駐車場が狭くなったような閉塞感を感じざるを得ません。設置する際も雨や雪の場合を考慮して、隣家の敷地に害のないようにしなくてはなりません。また、滅多にはないことですが、強風や竜巻で屋根自体が飛ばされてしまうことが無きにしも非ずということです。メリット、デメリットがありますが、設置する際はいろんなことを考慮して頑丈なカーポートを建てましょう。

カーポートとは車庫の屋根

カーポートとは住宅などクルマを駐車する車庫の上に設置される屋根のことです。その車庫の上に設置される屋根の役割は車全体が雨や雪に直接野ざらしになって叩かれるのを阻止すること、また昼間時間帯の強烈な日差しから若干の緩和をすることにあります。さらに空中を徘徊する野鳥が時折に糞をばらまくことがあり、それの影響でクルマが汚損されるのを阻止する役目もあります。このように雨や雪、直射日光、野鳥の糞から身を守るための役割を果たすカーポートですが、現在市販されている主な材質はスチールやアルミなどもありますが、ポリカーボネートが主流となっています。なおこの屋根を取り付けるには支持する柱が必要となりますが、大半の車庫ではその支持柱は片持ち式となっています。この片持ち式にした場合はクルマの出し入れが両支持式に比べてぶつかりにくくなるために楽になるメリットがあります。

カーポートは基本的に固定資産税がかからない

車庫の屋根として利用されるカーポートは屋根の材質はポリカーボネートがその代表で他にスチールの板など様々あります。これは大半の一戸建ての住宅などに設置されて、それは雨や雪や野鳥の糞、あるいは直射日光などから構造上として完全ではありませんがクルマを守る役目を果たしています。さてここでそれの所有者にとって気になる点の1つはこれを設置した場合は固定資産税の対象になるか否かという問題です。固定資産税は不動産を所有して、それ自体が固定されてる場合に設置されます。しかしカーポートに関しては基本的にそれは課税されないことになっています。その理由は固定資産税の課税対象は3面に覆われて成り立つからです。つまり屋根とカベで覆われて課税されるということになります。しかしカーポートの場合は基本的に屋根の他には柱が片側あるいは両側でしか支持されていません。その場合はカベはありません。車庫の構造物自体が課税されるならばまるで格納庫みたいに屋根とカベで覆われて成り立つことになります。

カーポートのことならコウケンNETへ。高性能な自動見積もりシステムで今すぐ金額をチェック。 高額商品ほどお得なるお値引き額。複数購入でさらにお得なセット購入割引制度もあり。 カーポートの中で最も人気にある2台用も豊富です。当店の対象エリアは、沖縄県を除く46都道府県ですが、北海道・鳥取県・島根県では、施工できない地域があります。 カーポートが豊富な通販サイトはこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*